ここから本文です

現在位置は、トップページの下層の、地域・施設ガイドの下層の、町の歴史の下層の、指定文化財の下層の、有形文化財です。

地域・施設ガイド

有形文化財

このページを印刷する

長卯平翁(ちょう・うへいおう)夫妻肖像画のイメージ

長卯平翁(ちょう・うへいおう)夫妻肖像画

粕屋町立歴史資料館が所有しています。
江戸時代文化12年(1815年)~文政7年(1824年)戸原村の大庄屋「長卯平(ちょう・うへい)」は、飢きんに苦しむ民衆を助けようと若杉山から駕輿丁池へのどう水事業を計画し、10年の歳月と私財を費やし、完成させました。
この掛軸は、偉大な事業を成功させた夫妻の姿を今に伝える唯一の肖像画です。
(現物は常時見学することはできませんが、歴史資料館で複製を展示しています。)
【平成13年11月28日、町指定】

  • マップを見る

木造虚空蔵菩薩坐像(もくぞう、こくうぞうぼさつ、ざぞう)のイメージ

木造虚空蔵菩薩坐像(もくぞう、こくうぞうぼさつ、ざぞう)

大隈区に所在する真覚寺が所有しています。
カヤの木から彫り出された一木造りで、像高55センチメートルほどあり、体部の奥ゆきも深く、背を反らし胸をはる姿は堂々としています。
この像は体の構えや姿勢、よくようの強い肉づきなどから、平安時代前期(10世紀前半頃)の作品と推定されています。
何度か修理が行われていますが、約千年もの間、人々の手によって守られた貴重な文化財です。
(なお、この像は常時見学することはできません。見学を希望される方は必ず真覚寺に連絡し、訪問するようにお願いいたします。) 〔同所に存在:椿花小学校跡[史跡]〕
【平成13年11月28日、町指定】

【近隣の史跡】平塚古墳、黒殿神社、丸山城跡 等


【最寄駅】JR門松駅より約0.9km[徒歩約15分]
【バス停】西鉄黒の前バス停より約0.5km[徒歩約10分]
注意)バスをご利用の場合は本数が少ないため事前にご確認ください
史跡から最寄りの駅・バス停までの経路図(PDF形式:252KB)

  • マップを見る

大般若波羅蜜多経(だいはんにゃ、はらみたきょう)六百巻のイメージ

大般若波羅蜜多経(だいはんにゃ、はらみたきょう)六百巻

戸原区が所有し、伊賀薬師堂に保管されています。
この経本は、江戸時代(17世紀後半)、飢きんに苦しむ民衆を救うことにじん力された京都宇治おうばく山万福寺住職の「鉄眼道光」(てつげんどうこう)が企画・製作を指揮した版刷経本です。
別名「鉄眼版」(てつげんばん)とも「黄檗版」(おうばくばん)(1677~1680年製作)とも呼ばれ、日本全国に残されています。
この経本は、どのようないきさつで残されてきたのかくわしいことはわかりませんが、記録によれば、元々、部木八幡宮(福岡市東区部木所在)と伊賀薬師堂にそれぞれ300巻ずつ保有していたものを、昭和15年に伊賀薬師堂がもらい受けたとされています。
このように、全巻がそろうことは非常にめずらしく、貴重な文化財です。
(なお、現在は歴史資料館で現物を寄託管理し、一部を展示公開しています。)
【平成13年11月28日、町指定】

  • マップを見る

刻目突帯文を有する深鉢のイメージ
江辻(えつじ)遺跡群から出土した刻目突帯文を有する深鉢
碧玉製管玉のイメージ
江辻(えつじ)遺跡群から出土した碧玉製管玉

江辻(えつじ)遺跡第4地点出土遺物

粕屋町立歴史資料館が所有しています。
平成10年度に調査を実施し、多量の縄文時代晩期(約2,500年前)の遺物が出土しました。
この出土遺物の中で、ふかばち形土器とへきぎょくせい管玉各1点が指定を受けています。
ふかばち形土器は、「刻目突帯文土器」(きざみめ、とったいもん、どき)とも呼ばれ、口径35.3センチメートル、高さ25.7センチメートルを測り、波のような口の部分が特徴的です。
このような刻目突帯文土器は、縄文時代の終末から弥生時代の初め頃にかけて北部九州で数多く作られ始めますが、そのさきがけをなす器けいと見られ、完全な形のものは、日本でここだけにしか見ることができません。
また、へきぎょくせい管玉も長さ1.6センチメートルと小型ではありますが、へきぎょくせいとしては古いもので、いずれも数少ない貴重な資料です。
(現物は、歴史資料館で展示しています。)
【平成13年11月28日、町指定】

  • マップを見る

新大間堤開鑿図絵(しんだいまつつみ、かいさくずえ)のイメージ

新大間堤開鑿図絵(しんだいまつつみ、かいさくずえ)

粕屋町立歴史資料館が所有しています。
江戸時代文化12年(1815年)~文政7年(1824年)戸原村の大庄屋「長卯平」(ちょう・うへい)は、飢きんに苦しむ民衆を助けようと若杉山から駕輿丁池へのどう水事業を計画し、10年の歳月と私財を費やし、完成させました。
この絵図は、この導水経路や工事のがい要を詳細に記録した絵図面(掛軸)で、長さは361センチメートルに及びます。
当時の状況を今に伝える貴重な文化財です。
(現物は常時見学することはできませんが、歴史資料館で複製と解説を行っています。)
【平成13年11月28日、町指定】

  • マップを見る

お問い合わせ

粕屋町立歴史資料館(粕屋フォーラム2階)
〒811-2314 福岡県糟屋郡粕屋町若宮1丁目1-1
電話:092-939-2984
FAX:092-938-0733
開庁時間:火曜日から日曜日の午前10時から午後5時まで(但し、祝日、休日の翌日、毎月最終木曜日、特別整理期間を除く)

このページを印刷する