ここから本文です

現在位置は、トップページの下層の、行政ガイドの下層の、情報公開の下層の、計画・取り組みの下層の、地方創生です。

行政ガイド

地方創生

このページを印刷する

日本の急速な少子高齢化の進展に的確に対応し、人口の減少に歯止めをかけるとともに、東京圏への人口の過度の集中を是正し、それぞれの地域で住みよい環境を確保して、将来にわたって活力ある日本社会を維持していくため、平成26年11月に「まち・ひと・しごと創生法」が制定され、同年12 月27日には、今後目指すべき将来の方向を提示する「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」及び今後5か年の目標や施策の基本的方向、具体的な施策をまとめた「まち・ひと・しごと創生総合戦略」が閣議決定されました。
そこで、国および福岡県の策定する「長期ビジョン」と「総合戦略」を勘案しながら、町の実情を踏まえ、人口、経済、地域社会の課題に一体的に取り組むため、「粕屋町人口ビジョン」及び「粕屋町まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定しました。

 

 

粕屋町人口ビジョン

人口ビジョンは、本町における人口の現状を分析するとともに、人口に関する住民の認識を共有しながら、今後めざすべき将来の方向と人口の将来展望を提示するものです。

また、「粕屋町まち・ひと・しごと創生総合戦略」において、まち・ひと・しごと創生の実現に向けた効果的な施策を企画立案する上での基礎となるものと位置付け、整合性を保ったものとします。

中長期的な人口展望を図る積極戦略と、それに対応した調整戦略のバランスを図りながら、今後の人口の変化が地域の将来に与える影響の分析・考察を行い、めざすべき将来の方向等を提示します。

本町では、中長期的な人口の将来展望として、平成52(2040)年には58,000人、平成72(2060)年には66,000人の人口規模を設定しています。

 

 

粕屋町まち・ひと・しごと創生総合戦略

総合戦略は、本町における人口の現状と将来の展望を踏まえたうえで、以下の3つの目指すべき将来の方向を「基本目標」として位置づけ、「第5次粕屋町総合計画」を基本とし、地方創生の観点から施策等を整理、検討、再構築して策定しています。また、計画期間(平成27年度から平成31年度までの5年間)のうちに実施する具体的施策を示しています。

 

基本目標

(1)ひとが集まる魅力と活力あるまちを創出する

(2)若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる

(3)誰もが住み慣れた地域で暮らしていける「協働でつくる安心のまち」を実現する

 

総合戦略の推進にあたっては、基本目標に対する数値目標と、各施策対する重要業績評価指標(KPI)を設定し、PDCAサイクルにより、実効性を高めます。

地方創生先行型交付金事業の効果検証

地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(地方創生先行型)を受けて総合戦略の策定に先行して行った事業について、粕屋町まち・ひと・しごと創生推進本部に設置した外部有識者等で構成する検証委員会で効果の検証を行いましたので公表します。

 

施策・事業検証シート(PDF形式:393KB)

粕屋町まち・ひと・しごと創生推進会議

幅広い年齢層からなる住民をはじめ、町内の関係団体から構成される「粕屋町まち・ひと・しごと創生推進会議」を開催します。

 

まち・ひと・しごと創生推進会議の開催結果

住民意識調査

幅広い年齢層からなる住民をはじめ、町内の関係団体から構成される「粕屋町まち・ひと・しごと創生推進会議」を開催します。

 

総合戦略策定時 町民アンケート結果

パブリックコメント

策定過程において、計画(案)を公表し、広く町民の皆さまにご意見を求め、その意見を考慮して計画を策定します。

 

パブリックコメント(意見募集)について

お問い合わせ

粕屋町役場 総務部 経営政策課
〒811-2392 福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目1-1
電話:092-938-2311(代表)/ 092-938-0175(直通)
FAX:092-938-3150
開庁時間:月曜日から金曜日(祝日、休日及び年末年始を除く)の午前8時30分から午後5時まで

このページを印刷する