ここから本文です

現在位置は、トップページの下層の、行政ガイドの下層の、情報公開の下層の、粕屋町土地開発公社です。の下層の、保有土地活用事業

行政ガイド

粕屋町土地開発公社 保有土地活用事業

このページを印刷する

保有土地活用事業(花ヶ浦地区 スポーツ広場用地)

事業経緯

長年の懸案となっている土地の処分にあたっては、土地開発公社では従来のように土地の売却・分譲をするだけではなく、民間事業者のアイデアと工夫を取り入れ、町、公社、民間事業者が連携して土地活用事業を行うことにより、まちづくりとして価値があり、財政面においてもメリットがある事業とするため、土地活用事業の提案を公募しました。
その結果、スポーツ広場用地につきましては、セキスイハイム九州株式会社の<エコタウン(環境と調和したまちづくり)>及び住宅建設を条件とした土地活用事業プランを採択し、平成23年度から平成25年度にかけて、関係機関等との協議を重ねながら段階的に売却を進め、一つのモデル地区として自然環境や災害時に配慮し地域と一体となったまちづくりを行い、その取組みを町全体に波及させ、粕屋町の価値を高めることを目指すことといたしました。

  イメージ画像
対象地のスポーツ広場用地   提案時のイメージ図
(対象地:スポーツ広場用地) (提案時のイメージ図)
事業内容

全戸に太陽光発電を設置するなど付加価値の高い住宅で、環境に配慮した街並みを形成するとともに、その街並みを維持する仕組みを作り、地域のブランド力向上につなげます。
また、近年のゲリラ豪雨等に備え、地下に調整池の設置を行い、災害時には町のサポーターとして粕屋町のボランティア活動にご協力をお願いできるような地域を目指します。
土地を最大限活用するとともに、入居者が永く住み続けたいと思う住まいを提供し、人と人の思いやりや絆を大切にした魅力あふれるまちづくりを目指しています。
また、町、公社、民間企業が連携した本事業の住宅地は「おひさまのまち花ヶ浦」の愛称で呼ばれ、「水と緑豊かな粕屋町の環境を次世代に引き継ぎ、互いに支え合って暮らす住民」として、タウン憲章を定められています。

 

土地活用事業(スポーツ広場用地)の概要について
事業手法 土地区画整理事業
事業面積 24,763m2
施行者 九州セキスイハイム不動産株式会社
地権者 粕屋町土地開発公社
用途地域 準工業地域(※環境良好な住宅地としての地区計画が都市計画決定されました。)
公共施設整備 6mの区画道路に加え、2mの歩行者専用道路を配置し、地区面積の3%の規模(744㎡)の公園を整備します。また、保育園用地と公園の地下には、近年のゲリラ豪雨に備えて浸水対策のための調整池を2箇所設置します。
公募結果 公募結果について(PDF形式:52.7KB)

お問い合わせ

粕屋町役場 総務部 経営政策課
〒811-2392 福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目1-1
電話:092-938-2311(代表)/ 092-938-0175(直通)
FAX:092-938-3150
開庁時間:月曜日から金曜日(祝日、休日及び年末年始を除く)の午前8時30分から午後5時まで

このページを印刷する