ここから本文です

現在位置は、トップページの下層の、くらしのガイドの下層の、保険・年金・介護の下層の、介護保険の下層の、介護保険のサービス内容の下層の、費用負担軽減サービスです。

くらしのガイド

費用負担軽減サービス

このページを印刷する

高額な費用負担や所得の低い人を支援します

特定入所者介護(予防)サービス費

低所得の方の施設利用が困難とならないように、申請により、食費と居住費(滞在費)の負担軽減を行っています。所得等に応じた負担限度額までを支払い、限度額を超えた分については、利用した施設等へ、直接保険から給付されます(特定入所者介護(予防)サービス費)。給付の対象となられる方には「介護保険負担限度額認定証」を交付します。

  1. 特定入所者介護サービス費 (要介護の人)
    • 介護老人福祉施設 (特別養護老人ホーム)
    • 介護老人保健施設 (老人保健施設)
    • 介護療養型医療施設 (療養型病床群等)サービス
    • 短期入所生活介護(ショートステイ)・短期入所療養介護 (医療型ショートステイ)
  2. 特定入所者サービス費 (要支援の人)
    • 介護予防短期入所生活介護(ショートステイ)・短期入所療養介護 (医療型ショートステイ)

※通所介護(デイサービス)及び通所リハビリテーション(デイケア)の食費は対象となりません。

負担限度額のめやす(月額)
利用者負担段階 居住費(滞在費) 食費
ユニット型
個室
ユニット型
準個室
多床室
基準費用額
(国の基準)
下記段階以外の人 1,970 円/日
(6.0万円)
1,640 円/日
(5.0万円)
840 円/日
(2.6万円)
1,380 円/日
(4.2万円)
第1段階 本人及び世帯全員が住民税非課税であって、老齢福祉年金を受給されている人 , 生活保護等を受給されている人
(配偶者が課税者 又は 預貯金等が1,000万円以上(配偶者がいる場合は夫婦合計2,000万円以上)の場合を除く)
820円/日
(2.5万円)
490円/日
(1.5万円)
0円/日
(0円)
300円/日
(1万円)
第2段階 本人および世帯全員が住民税非課税であって、合計所得金額と課税年金収入額と非課税年金収入額の合計が80万円以下の人
(配偶者が課税者 又は 預貯金等が1,000万円以上(配偶者が いる場合は夫婦合計2,000万円以上)の場合を除く)
820円/日
(2.5万円)
490円/日
(1.5万円)
320円/日
(1.2万円)
390円/日
(1.2万円)
第3段階 本人および世帯全員が住民税非課税であって、 利用者負担段階が第2段階以外の人
(配偶者が課税者 又は 預貯金等が1,000万円以上(配偶者が いる場合は夫婦合計2,000万円以上)の場合を除く)
1,310円/日
(4.0万円)
1,310円/日
(4.0万円)
320円/日
(1.2万円)
650円/日
(2.0万円)

*『世帯』は住民票で判断します。*(  )内は1か月あたりのおよその金額です。

※申請の際に添付の必要な書類があります。添付書類についてはこちらをご参照ください。

高額介護(予防)サービス費

介護保険制度では、要介護及び要支援の被保険者が受けた、居宅サービス又は施設サービスにかかった費用の1割(一定以上所得者は2割)を自己負担することになっています。その『利用者負担』が著しく高額であるとき、下記の支給要件に該当する場合は、申請により高額介護(介護予防)サービス費が支給されます。

  1. 該当する 「利用者負担」 とは
    • 介護サービス費、介護予防サービス費に係る利用者負担
    • 施設サービス費にかかわる利用者負担(食事の提供に要する費用を除く)
  2. 高額介護(予防)サービス費の支給要件
    • 世帯の所得状況等により上限額が異なります。利用者負担が上限額を上回った場合、高額介護(予防)サービス費の支給対象となります。
利用者負担段階区分
利用者負担段階区分 利用者負担上限額

現役並み所得者がいる世帯

(同一世帯に課税所得145万円以上の65歳以上の方がいて、収入が1人の場合383万円以上、2人以上で520万円以上の世帯)
世帯 44,400円
一般世帯(上記に該当しない住民税課税世帯)※ 世帯 44,400円
住民税非課税世帯 世帯 24,600円

住民税非課税世帯のうち

・合計所得金額及び課税年金収入額の合計が80万円以下の方

・老齢福祉年金の受給者

個人 15,000円

・生活保護受給者

・利用者負担を15,000円に減額することで、生活保護の受給者とならない場合

個人 15,000円
世帯 15,000円

〇『世帯』は住民票で確認します。(月の初日の状況)

〇同じ世帯に介護保険のサービス利用者が複数いる場合、利用者負担の合計金額にて高額介護(介護予防)サービス費を算定します。

※利用者負担が1割の世帯については、3年間の時限措置として利用者負担額の年間(8月1日~翌年7月31日まで)の上限額を446,400円(37,200円×12か月)とします。

お問い合わせ

粕屋町役場 住民福祉部 介護福祉課
〒811-2392 福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目1-1
電話:092-938-2311(代表)/ 092-938-0229(直通)
FAX:092-938-3150
開庁時間:月曜日から金曜日(祝日、休日及び年末年始を除く)の午前8時30分から午後5時まで

このページを印刷する

このページを印刷する