ここから本文です

現在位置は、トップページの下層の、くらしのガイドの下層の、保険・年金・介護の下層の、国民健康保険の下層の、国民健康保険の給付の下層の、入院時の療養費についてです。

くらしのガイド

入院時食事療養費・入院時生活療養費

このページを印刷する

入院時食事療養費とは

入院したときは、医療費とは別に食費を標準負担額として負担していただきます。なお、標準負担額は高額療養費の対象にはなりません。

入院時の食事にかかる標準負担額
区分 食事代(1食あたり)
住民税課税世帯

360円

※平成30年4月から460円

住民税課税世帯のうち平成28年4月1日時点で1年を超えて精神病棟に入院している方、指定難病患者、小児慢性特定疾病児童等
260円
・住民税非課税世帯
・低所得者Ⅱ(70歳以上)
過去12か月で90日までの入院 210円
過去12カ月で 90日を超える入院 160円
低所得者Ⅰ(70歳以上) 100円
  • 注)住民税非課税世帯、低所得者Ⅱ、低所得者Ⅰの区分の方は、入院する場合「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となります。この認定証は申請が必要ですので、国保年金係までお尋ねください。

入院時生活療養費とは

療養病床に入院する65歳以上の方は、食費と居住費を標準負担額として負担していただきます。 ただし、指定難病患者、老齢福祉年金受給者、境界層該当者については、居住費はかかりません。なお、標準負担額は高額療養費の対象にはなりません。

療養病床に入院したときの食費、居住費にかかる標準負担額
区分 入院の必要性が低い 入院の必要性が高い
食費(1食あたり) 居住費(1日あたり) 居住費(1日あたり)
住民税課税世帯

460円

※一部医療機関では420円

320円

※平成29年10月から370円

0円

※平成29年10月から200円

・住民税非課税世帯

・区分Ⅱ(70歳以上)
210円
区分Ⅰ(70歳以上)
130円
  • ※入院の必要性が高い方の食費については、上記の入院時食事療養費の表のとおりです。

  • 注)住民税非課税世帯、低所得者Ⅱ、低所得者Ⅰの区分の方は、入院する場合「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となります。この認定証は申請が必要ですので、国保年金係までお尋ねください。

お問い合わせ

粕屋町役場 住民福祉部 総合窓口課
〒811-2392 福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目1-1
電話:092-938-2311(代表)/ 092-938-0215(直通)
FAX:092-938-3150
開庁時間:月曜日から金曜日(祝日、休日及び年末年始を除く)の午前8時30分から午後5時まで

このページを印刷する