ここから本文です

現在位置は、トップページの下層の、くらしのガイドの下層の、税金の下層の、ふるさと納税です。

くらしのガイド

ふるさと納税

このページを印刷する

ふるさと納税の対象となる地方団体として指定を受けました

総務大臣からふるさと納税の対象となる地方団体として指定を受けました。

指定期間 令和元年6月1日~令和2年9月30日

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、皆様が応援したい、貢献したいと思う自治体に対して寄附を行った場合、その寄附金の額を一定限度額まで所得税、個人住民税から控除する制度です。寄附先となる自治体は、必ずしも生まれ故郷のふるさとである必要はありません。

ふるさと納税(粕屋町ふるさとづくり寄附金)のご案内

粕屋町は「ふるさとづくり寄附条例」と「同基金条例」を制定し、寄附者の方々の意向を反映したまちづくりを進めていきます。粕屋町への応援をお願いします。

お申し込みは以下のいずれかのサイトからお願いします。

 

ふるさと納税サイトさとふる〈外部リンク〉

ふるさと納税サイト楽天〈外部リンク〉

ふるさと納税サイトわが街ふるさと納税〈外部リンク〉

【粕屋町にお住まいの方へ】

平成31年総務省告示に基づき、粕屋町にお住まいの方からのご寄附に対しては、お礼品の送付を行わないこととしております。何卒、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、皆様が応援したい、貢献したいと思う自治体に対して寄附を行った場合、その寄附金の額を一定限度額まで所得税、個人住民税から控除する制度です。寄附先となる自治体は、必ずしも生まれ故郷のふるさとである必要はありません。

収納事務の委託・指定代理納付者の指定

インターネットを利用して納付するふるさと納税の寄附金に関して、民間事業者に収納事務を委託するため、関係法令の規定により、次のとおり告示しました。

ふるさとづくり寄附金の状況

温かいご寄附に心から感謝いたします。

(注)公開に同意いただいた方のみ掲載しています。

寄附金の使い道は?

寄附金の使い道は寄附者にお選びいただきます。

  • 未来を担う子どもたちを応援する事業
  • 地域で支えあう福祉のまちづくりのための事業
  • 文化・芸術・スポーツ活動を振興するための事業
  • 協働のまちづくり(ボランティア・NPO)の推進のための事業
  • 申出人の希望する事業
  • 町長へ一任

寄附金運用状況及び基金積立金残高

皆さまからいただいたふるさとづくり寄附金(ふるさと納税)は、毎年度末にふるさとづくり基金へ積立を行い、積み立てられた基金は翌年度以降に取り崩して、住み良いまちづくりのため、大切に使わせていただいています。

以下、ふるさとづくり寄附金の運用状況及び基金積立金残高を公表します。

寄附金控除を受けるには

所得税は寄附を行った年分の所得税から、住民税は寄附を行った年の翌年度の住民税から控除されます。寄附をした翌年の3月15日までに、管轄の税務署で確定申告をしてください。住民税のみの納税者は、お住まいの市町村で住民税の申告をしてください。
申告には「寄附金受領証明書」(領収書)が必要ですので、大切に保管してください。

寄附金控除の概要

寄附金控除の概要
控除対象者 個人住民税の納税義務のある方です。
控除対象となる寄附金額 寄附金のうち2,000円を超える額です。
※総所得金額の30%を限度(地方公共団体への寄附金以外の寄附金との合計)
控除方式 税額控除方式です。

詳しくは、お住まいの市町村税務担当課に、お問い合わせください。

ふるさと納税ワンストップ特例制度

ふるさと納税ワンストップ特例制度についてはこちら

返礼品の課税関係

粕屋町を含む様々な自治体が、ふるさと納税の寄附者に対して返礼品を送付していますが、この返礼品を受けた場合の経済的利益は一時所得に該当します。
一時所得は、年間50万円を超える場合に、超えた額について課税対象となります。

ご注意

ふるさと納税制度を悪用した寄附の強要や不当な請求、詐欺行為などには十分ご注意ください。

お問い合わせ

粕屋町役場 総務部 協働のまちづくり課
〒811-2392 福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目1-1
電話:092-938-2311(代表)/ 092-938-0173(直通)
FAX:092-938-3150
開庁時間:月曜日から金曜日(祝日、休日及び年末年始を除く)の午前8時30分から午後5時まで

このページを印刷する