メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 目的でさがす > 手当・助成 > 一般不妊治療の助成

一般不妊治療の助成

更新日:2021年4月1日

粕屋町では、令和3年4月から、不妊治療を受けようとするご夫婦の経済的負担軽減を図ることを目的として、医療保険適用外の一般不妊治療(人工授精)の治療に要した費用の一部を助成します。

対象者

次のすべての要件を満たす方
  1. 夫婦(事実婚も含む。)の双方又はいずれかが、申請の日まで1年以上継続して粕屋町に住所を有すること。
  2. 不妊治療によらなければ妊娠の見込みがない、または極めて少ないと医師に診断された夫婦(事実婚も含む。)であること。
  3. 助成対象となる治療開始日における妻の年齢が43歳未満であること。
  4. 夫及び妻が、医療保険各法における被保険者、組合員または被扶養者であること。
  5. 助成金の交付を受けようとする治療について、他の市町村から助成を受けていないこと。

助成の対象となる治療

医療機関において不妊症と診断され、医療保険各法に基づく給付の対象とならない一般不妊治療に要した費用。
(入院費、食事代、交通費等、治療に直接関係のない費用を除く。)
ただし、令和3年4月1日以降に開始した治療で、助成対象期間中に少なくとも1回の治療が終了しているものに限ります。
また、対象となる治療であっても、人工授精を行っていない場合は助成対象となりません。

助成対象となる治療期間

助成対象となる治療開始日の属する月の初日から起算して1年間
例:2月3日が治療開始日の場合、翌年1月31日まで

助成額

1夫婦あたり、対象となる治療に要した費用のうち2分の1、5万円を上限に助成
注:1円未満の端数がある場合は切り捨て

助成回数

夫婦1組につき1回限り。対象期間中に複数回治療を行う場合は、最後の治療が終了した後にまとめて申請してください。一度交付決定を受けた場合は、助成金の交付限度額に達していない場合でも再度申請することはできません。

申請方法

治療費(医療保険適用外)を一旦自己負担していただいたあと、申請に基づき、償還払いで対応します。必要書類を添えて、粕屋町健康センター(健康づくり課)に提出してください。

必要書類

  1. 粕屋町一般不妊治療費助成事業申請書(様式第1号)(PDF:253KB)
  2. 粕屋町一般不妊治療費助成事業受診等証明書(様式第2号)(PDF:339KB)
  3. 一般不妊治療(人工授精)の費用に係る領収書
  4. 振込先口座がわかるものの写し
  5. 申請者(ご夫婦)の本人確認書類(運転免許書等)

申請期限

助成対象となる一般不妊治療の治療開始日の属する月の初日から起算して、1年3か月以内の月末まで
例:2月3日が治療開始日の場合、翌年4月30日まで

AdobeReaderのダウンロードページへのリンク.png

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページに関する問い合わせ先

住民福祉部 健康づくり課 母子保健係
郵便番号:811-2392 福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目1-1
窓口の場所:健康センター1階
電話番号:092-938-0258(直通)
ファクス番号:092-938-2415

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

このページは探しやすかったですか?
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

一般不妊治療の治療に要した費用の一部を助成します