メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
粕屋町

トップページ > 健康・福祉 > 健康・予防 > お知らせ(健康・予防) > 【新型コロナウイルス感染症関連】医療体制を守る一人ひとりの熱中症対策

【新型コロナウイルス感染症関連】医療体制を守る一人ひとりの熱中症対策

更新日:2020年8月20日

熱中症に気をつけましょう

一人ひとりができる熱中症対策

猛暑の日々が続く中、熱中症患者の救急搬送が増えることにより、新型コロナウイルスの医療体制などにも影響する恐れが高まっています。一人ひとりが意識して熱中症予防に取り組むことで、結果的に医療体制を守ることにつながるといわれています。
「屋内だから大丈夫」など過信せず、下記の熱中症予防のポイントにしっかりと取り組みましょう。

熱中症の症状

  • めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪くなる
  • 頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う
  • 返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い

熱中症とは、高温多湿な環境で体温の調節がうまくできずに、体内に熱がこもった状態になることです。
屋外だけでなく室内で安静にしているときでも発症し、死亡することもあります。
正しい知識を身につけ、体調の変化に気をつけるとともに、周りの方の様子にも気を配り、みんなで熱中症を防ぎましょう。

熱中症が疑われる人を見かけたら

  1. 涼しい場所へ避難させる。
    エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など涼しい場所へ避難させます。
  2. 衣服をゆるめ、からだを冷やす。
    エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など涼しい場所へ避難させます。
    特に、首の周り、脇の下、足の付け根などを冷やします。
  3. 水分や塩分、スポーツドリンクなどを補給する
    自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

高齢者や子ども、障がいのある方は特に注意が必要です

  • 熱中症患者のおよそ半数は65歳以上の高齢者です。
    高齢者は暑さ、水分不足に対する感覚機能やからだの調整機能が低下していることが原因です。
  • 子どもは体温の調節能力がまだ十分に発達していないので、気を配りましょう。

その他注意すること

  • 暑さの感じ方は、人によって異なります。
    その日の体調や暑さに対する慣れなどが影響するためです。ご自身の体調の変化に十分気をつけましょう。
  • 暑さ指数(WBGT値)も参考にしましょう。
    WBGT値とは、熱中症予防のための暑さ指数のことで、関連リンクの環境省ホームページに、観測値と予想値が掲載されています。

新しい生活様式での熱中症予防のポイントを紹介します

現在、新型コロナウイルス感染症対策のために、新しい生活様式として、身体的距離の確保、マスクの着用、手洗い、3密(密集、密接、密閉)を避けるなどの生活様式が求められています。
このように、今年の夏はこれまでとは異なる生活環境の下、新型コロナウイルス感染症と熱中症の両方に気をつけなければなりません。
そこで、新しい生活様式における熱中症予防のポイントを紹介します。

暑さを避ける

  • エアコンを利用するなどして部屋の温度を調整する。
  • 窓を開けるなどして部屋の換気をする。
  • 暑い日や時間帯は無理をしない。
  • 涼しい服装にする。

 適宜マスクをはずす

  • 屋外で人との距離を2メートル以上とれる場合はマスクをはずす。
  • マスクをして負荷のかかる作業や運動はしない。
  • 気温や湿度の高いときは注意する。

こまめに水分補給をする

  • のどが渇く前に水分補給する。
  • 1日あたり1.2リットルを目安にする。
  • 汗を大量にかいたときは塩分補給も行う。

日頃から健康管理をする

  • 毎日、体温測定、体調チェックを行う。
  • 体調が悪いと感じたときは無理せず休む。

暑さに備えた体づくりをする

  • 暑くなりはじめの時期から適度に運動を行う。
  • その際、水分補給は忘れずに、無理のない範囲でする。
  • やや暑い環境でややきついと感じる強度で毎日30分程度行う。

今回紹介したポイントを参考に、新型コロナウイルス感染症と熱中症の両方に気をつけましょう。

AdobeReaderのダウンロードページへのリンク.png

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページに関する問い合わせ先

住民福祉部 健康づくり課 健康推進係
郵便番号:811-2392 福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目1-1
窓口の場所:健康センター1階
電話番号:092-938-0258(直通)
ファクス番号:092-938-2415

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

このページは探しやすかったですか?
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。