メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
粕屋町

トップページ > 健康・福祉 > 健康・予防 > お知らせ(健康・予防) > 新型コロナウイルスの感染リスクに注意しましょう

新型コロナウイルスの感染リスクに注意しましょう

更新日:2021年1月12日

冬の感染症対策にご注意ください

冬は空気が乾燥しているため、新型コロナウイルス感染症に限らず風邪やインフルエンザ、胃腸炎(ノロウイルス等)などの感染症が多くなる季節です。1人ひとりの徹底した感染症対策でこの冬を乗り越えましょう。

感染経路を意識した基本的な感染症対策は次のとおりです。

感染経路と対策

飛沫感染

ウイルスを含んだ飛沫(つば、しぶき)を、口や鼻などから吸い込んで感染します。

リスクの高い場面
  • 咳・くしゃみ
  • マスクなしでの会話
  • 食事中
対処法

マスクをしましょう。また、マスクをしていないときは、人と会話をしないよう注意して、1メートルから2メートル間隔を開けましょう。

接触感染

物についたウイルスが手に付着し、手から口や鼻などを介して感染します。

リスクの高い場所

不特定多数の人が触る次の物

  • ドアノブ
  • 手すり
  • エレベーターのボタン
対処法

手をしっかり洗いましょう。顔周りを触らないようにして、周囲の環境をこまめに消毒しましょう。

身近な物の消毒方法
  • 熱湯
    食器や箸などは、80度の熱湯に10分さらすことでウイルスを死滅させることができます。
  • 家庭用洗剤
    テーブル、ドアノブなどには、市販の家庭用洗剤の主成分である「界面活性剤」も一部有効です。界面活性剤は、ウイルスの「膜」を壊すことで無毒化するものです。
  • 次亜塩素酸ナトリウム
    テーブル、ドアノブなどには、市販の塩素系漂白剤の主成分である「次亜塩素酸ナトリウム」が有効です。「次亜塩素酸」の酸化作用などにより、新型コロナウイルスを破壊し、無毒化するものです。
    市販の家庭用漂白剤を、次亜塩素酸ナトリウムの濃度が0.05パーセントになるように薄めて拭きます。その後、水拭きしましょう。

冬の感染症対策

  1. うがい、手洗い
  2. マスクの着用
  3. 換気
  4. 適度な湿度(40パーセント以上を目安にする)
  5. 手すりやドアノブなどの消毒
  6. 3密(密閉・密集・密接)を避ける。
また、新型コロナウイルスの感染リスクが高まる 「5つの場面」に気をつけて、「感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫」に取り組みましょう。

感染リスクが高まる「5つの場面」を避けましょう

1 飲酒を伴う懇親会等

  • 飲酒の影響で気分が高揚すると、注意力が低下し大きな声になりやすい。
  • 特に敷居等で区切られている狭い空間に、長時間、大人数が滞在すると、感染リスクが高まる。
  • 回し飲みや箸などの共用が、感染のリスクを高める。

2 大人数や長時間におよぶ飲食

  • 長時間におよぶ飲食、接待を伴う飲食は、深夜のはしご酒では、短時間の食事に比べて、感染リスクが高まる。
  • 大人数、例えば5人以上の飲食では、大声になり飛沫が飛びやすくなるため、感染リスクが高まる。

3 マスクなしでの会話

  • マスクなしに近距離で会話をすることで、飛沫感染やマイクロ飛沫感染での感染リスクが高まる。
  • マスクなしでの感染例として、昼カラオケなどでの事例が確認されている。
  • 車やバスで移動する際の車中でも注意が必要。

4 狭い空間での共同生活

  • 狭い空間での共同生活は、長時間にわたり閉鎖空間を共有するため、感染リスクが高まる。
  • 寮の部屋やトイレなどの共用部分での感染が疑われる事例がある。

5 居場所の切り替わり

  • 仕事での休憩時間に入った時など、居場所が切り替わると、気の緩みや環境の変化により、感染リスクが高まることがある。
  • 休憩室、喫煙所、更衣室での感染が疑われる事例がある。

会食は感染リスクを下げる工夫をしましょう

  • 飲酒をする場合は、下記の点に気をつける。
    少人数、短時間で済ます。
    なるべく普段一緒にいる人と行う。
    適度な酒量で、深酒・はしご酒などは控える。
  • 箸やコップは使い回わさず、一人ひとりで使用する。
  • 座の配置は斜め向かいにする。
    正面や真横はなるべく避けて座る。食事の際に、正面や真横に座った場合には感染したが、斜め向かいに座った場合は感染しなかった事例があります。
  • 会話する時はなるべくマスク着用
    フェイスシールド・マウスシールドはマスクに比べ効果が弱い。
  • 換気が適切になされているなどの工夫をしているお店を利用する。
    「感染防止宣言ステッカー」の申請店舗は、関連リンクの福岡県のホームページで確認できます。
  • 体調が悪い人は参加しない。

このページに関する問い合わせ先

住民福祉部 健康づくり課 健康推進係
郵便番号:811-2392 福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目1-1
窓口の場所:健康センター1階
電話番号:092-938-0258(直通)
ファクス番号:092-938-2415

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

このページは探しやすかったですか?
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

【福岡コロナ警報発動中】新型コロナウイルスの感染リスクに注意しましょう