メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
粕屋町

トップページ > 行政・まちづくり > 統計・調査 > 統計 > 令和2年(2020年)国勢調査員の募集

令和2年(2020年)国勢調査員の募集

更新日:2020年5月27日

1.国勢調査とは

国勢調査は、日本に住む全ての人を対象とするわが国で最も基本的かつ重要な統計調査であり、国内の人口や世帯の実態を明らかにするため、5年ごとに行われます。国勢調査の結果は、国及び地方公共団体のあらゆる施策の基盤となり、衆議院議員の小選挙区の画定基準、地方交付税の算定基準など、多くの法令で利用が明記され、国や地方公共団体における各種施策のための基礎資料となるほか、民間の活動にも幅広く利用されています。今回は、令和2年(2020年)10月1日を調査期日として実施し、大正9年(1920年)の第1回調査から100年の節目を迎えます。

粕屋町では調査区数約330調査区に対し、約230人の調査員が必要となるため、国勢調査に従事してくださる方を広く募集します。

1調査員説明会に参加 【9月上旬頃】

調査員説明会に参加し、調査員の仕事内容及び調査の進め方等の説明を受けます。その後、調査用品を調査区に近い公民館で受け取ります。
また、『調査員のしごと』、『調査の手引』等をもう一度読む等、調査への理解を深め、復習しておきます。
受け取った調査用品は、担当する調査区のものか、また数量に誤りはないかを確認します。
2担当している地域の確認 【9月第2週目頃】

市から交付された『調査区地図』の写しなどを基に、担当する調査区の範囲や調査対象世帯を確認し、『調査区要図』においてもその境界線を確認しておきます。
また、自宅で『調査世帯一覧』、『調査票』等にあらかじめ必要事項を記入し、『調査書類収納封筒』へ必要書類を入れて調査書類の配布準備を行います。
3調査についての説明と調査書類の配布
【9月第3週目頃】

受持ち調査区内をくまなく巡回し、調査対象を把握し、『調査区要図』、『調査世帯一覧』を確認のうえ、居住が確認できた世帯に対し、世帯の人に調査票を配布します。
また、調査票への提出方法(オンラインによる提出、郵送提出又は調査員へ直接提出)を確認し、調査員へ直接提出することを希望した世帯には、調査票の回収日を約束します。
4回答確認リーフレットの配布と調査票の回収
【10月上旬から中旬頃】

『回答確認リーフレット』を調査票を配布した世帯の郵便受けへ配布します。
また、調査員へ直接提出することを希望した世帯を訪問し、調査票を回収します。調査票の未提出世帯の情報は市又は指導員から調査員へお知らせします。なお、調査票が未提出の世帯には再度訪問し、提出の依頼を行います。
5調査票の整理と提出
【10月中旬から下旬頃】

『調査の手引』の要領により調査書類の検査を行い、作成した『調査区要図』と『調査世帯一覧』の照合及び調査票の記入もれ等の確認を行います。
回収した『調査票』、『調査世帯一覧』及び『調査区要図』等を市から定められた期日までに指導員又は市へ提出します。


2.調査員の主な仕事

担当する地域の世帯に調査書類を配布及び回収していただくことが主な仕事です。調査期間中は、総務大臣により任命される非常勤の国家公務員として従事していただきます。

3.調査員の任命期間

令和2年8月27日(木曜日)から令和2年10月26日(月曜日)

4.調査員の身分及び報酬等

身分

国勢調査員は総務大臣が任命する非常勤の国家公務員となります。
調査活動中のけがなどには、公務災害補償が適用されます。

報酬等

総務省が定める支給基準に基づき、調査終了後に報酬等を支給します。
1調査区担当37,000円程度・2調査区担当70,000円程度
なお、担当していただく調査区数、世帯数により、報酬額は異なります。

5.申込方法

下記の申込書に必要事項を記入のうえ、地域振興課へご提出ください。
また、新型コロナウイルスの感染防止のため、電話の受付にも対応しています。
従事をご希望の方は地域振興課へお問い合わせください。

このページに関する問い合わせ先

都市政策部 地域振興課 地域振興係
窓口の場所:庁舎1階
電話番号:092-938-0194(直通)
ファクス番号:092-938-3150

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

このページは探しやすかったですか?
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

令和2年(2020年)国勢調査員を募集します