メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
粕屋町

トップページ > テーマで探す > ごみ・リサイクル > 缶・びん・スプレー缶、蛍光灯の捨て方

缶・びん・スプレー缶、蛍光灯の捨て方

更新日:2020年2月7日

空缶・空びんを捨てる場合は、桃色の空缶・空びん指定袋に入れて、収集日の午前9時までに決められた置場に出してください。

空缶・空びん指定袋

大(650ミリメートル×800ミリメートル)45リットル 10枚入 150円

小(500ミリメートル×650ミリメートル)25リットル 10枚入 100円

ごみの種類について

ガラスびん

ジュース、ビール、日本酒、ワイン、ウイスキーなどの飲物のびん
油、調味料、ジャムなどの食べ物のびん

スチール缶・アルミ缶

ジュース、ビールなどの飲物の缶
油、調味料、缶詰、のり、お菓子などの食べ物の缶、ペットフードの缶

缶・びんを出すときの注意点

  • 缶とびんは中身を全て出して、水洗いし、乾かしてください。
  • 耐熱ガラス、コップ、板ガラス、化粧びんは燃えないごみに出してください。
  • 一斗缶以上は、燃えないごみか粗大ごみに出してください。

スプレー缶 カセットボンベを捨てる場合

中身を使いきり、穴はあけず、指定袋には入れずに、透明または半透明の袋に入れて缶・びんを捨てる日に出してください。(コンビニやスーパー等のレジ袋で大丈夫です。)

注:空缶・空びん収集日に集積場所に分けて置いてください。

蛍光灯 蛍光管 電球類を捨てる場合

指定袋に入れないで、購入時の箱ケース等に入れて出してください。又は新聞紙等で包んで割れないように出してください。

注:空缶・空びん収集日に集積場所に分けて置いてください。

このページに関する問い合わせ先

都市政策部 道路環境整備課 環境衛生係
窓口の場所:庁舎1階
電話番号:092-938-0198(直通)
ファクス番号:092-938-3150

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

このページは探しやすかったですか?
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。