メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
粕屋町

トップページ > 健康・福祉 > 健康・予防 > お知らせ(健康・予防) > 造血細胞移植後の予防接種再接種費用助成

造血細胞移植後の予防接種再接種費用助成

更新日:2021年7月13日

造血細胞移植後の予防接種再接種の費用を助成します

骨髄移植等の医療行為により接種済の定期予防接種の予防効果が低下や消失したことで、ワクチンの再接種が必要であると医師が認めた人に対し、再接種への費用助成を行います。

助成金額には上限があります。関連ファイル「助成申請書兼請求書」2ページに上限額を記載しています。

対象者

下記の全てに該当する方が対象です。

  1. 認定申請をする日および再接種日において粕屋町に住所を有する人
  2. 造血細胞移植により、移植前に接種した定期予防接種の免疫が低下又は消滅したため、
    再接種が必要と医師が認める人
  3. 令和3年4月1日以降に再接種を行う人
  4. 申請日において町民税に滞納のない人又はその保護者

助成の対象となる予防接種

下記の全てに該当する予防接種であることが必要です。

  1. 予防接種法第2条第2項に規定するA類疾病に係る予防接種であること
    予防接種法第2条第2項に規定するA類疾病:ジフテリア、百日せき、急性灰白髄炎、麻しん、風しん、日本脳炎、破傷風、結核、Hib感染症、小児肺炎球菌感染症、ヒトパピローマウイルス感染症
  2. 予防接種実施規則の規定によるワクチンであること
    決められた接種間隔、方法で接種したものである必要があります。
  3. 移植前に実施された予防接種の免疫が造血細胞移植によって低下又は消失したため、再接種が必要と
    医師が認める予防接種であること
    造血細胞移植を受ける前に接種をしていない予防接種は助成の対象外です。

手続きの流れ

1. 粕屋町健康センターで認定申請をする

  • 必要書類
  • 認定申請書
  • 本人確認書類(健康保険証)
  • 医師の意見書
  • 移植前の摂取歴が確認できるもの(母子手帳など)
  • 同意書

2. 町から認定通知書を郵送する

3. 再接種を受ける

予防接種の記録(母子手帳など)と認定通知書を医療機関に提示してください。
接種費用は、一度自己負担していただきます。

4. 再接種費用助成申請を行う

必要書類

  • 助成申請書兼請求書
  • 本人確認書類(健康保険証など)
  • 領収書
  • 予防接種済証(又は予診票の写し)
  • 接種日・接種ワクチンの情報・ワクチンごとの金額がわかるもの
  • 振込口座の確認できるもの(通帳又はキャッシュカードなど)

5. 交付決定

提出された申請書類を審査の上、交付の決定後、結果を通知します。

6. 口座振込

申請の際に指定された振込口座に決定額が振り込まれます。
AdobeReaderのダウンロードページへのリンク.png

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページに関する問い合わせ先

住民福祉部 健康づくり課 健康推進係
郵便番号:811-2392 福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目1-1
窓口の場所:健康センター1階
電話番号:092-938-0258(直通)
ファクス番号:092-938-2415

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

このページは探しやすかったですか?
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

造血細胞移植後の予防接種再接種費用を助成します