メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
粕屋町

転入時の接種券発行手続き

更新日:2024年2月27日

他の市町村から粕屋町へ転入された方へ

接種を受けるには新たに粕屋町の接種券が必要です

他市町村から転入した方が、ワクチン接種を希望する場合は、接種日時点で住民票がある市町村が発行した接種券が必要です。役場での転入の手続きの際に、接種券発行申請書をご利用ください。
前住所の接種券は使用できませんので、破棄してください。
下記の要領で接種券を発行します。

秋開始接種用の接種券発行申請

令和4年9月1日以降に転入した方で、一度も粕屋町の接種券を取得したことがなく、令和5年9月20日からの秋開始接種を希望する方は、接種券の発行のために申請が必要です。
申請方法:申請書の提出または電子申請
発行期間:接種時期が到来している方は、概ね1週間程度で発行。ただし、接種記録が確認できない方は、時間を要します。

注:電子申請の受付は令和6年3月19日までです。


転入前に国外や治験で接種した方

海外や治験では、様々な新型コロナワクチンが存在するため、接種したワクチンの種類と回数および接種日を正しく確認する必要があります。日本で薬事承認されているワクチンであるか、いつ、何回接種しているかなど、回数に応じた接種券の発行には、接種したワクチンの正しい情報が必要です。
転入かつ前住所地で国外や治験で接種した方は、接種履歴を正しく確認するために、接種券発行まで2週間から1か月程度の時間を要します。

粕屋町から他の市町村へ転出される方へ

転出日以降に新型コロナワクチン接種を受ける場合は、転出先市町村の発行する接種券が必要です。
市町村によって転入の際の接種券に関する手続きが異なりますので、転出先の市町村にお尋ねください。
住所地と異なる接種券を使用した場合、接種記録の反映が遅れ、その間、正しい接種証明書が取得できなくなります。

市町村をまたぐ引越しの際の予約の取り扱い

ワクチン接種は、原則的に接種日時点で住民登録がある市町村で受けます。
引越し前にすでに以前の市町村で予約をしている場合も、かかりつけ医での接種など(住所地外接種)の場合を除き、原則として新しい住所地の市町村で予約を取り直す必要があります。

問い合わせ先

粕屋町新型コロナワクチン接種事業事務室
問い合わせ先:092-931-3455
対応時間:午前8時30分から午後5時まで(土曜日、日曜日、祝日を除く)

AdobeReaderのダウンロードページへのリンク.png

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページに関する問い合わせ先

新型コロナウイルスワクチン接種事業事務室
窓口の場所:健康センター2階
電話番号:092-931-3455(直通)
ファクス番号:092-410-2666

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

このページは探しやすかったですか?
このページの情報は役に立ちましたか?
このページは分かりやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。